道行く人へのメッセージ


Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]
■ 2012年5月31日

震災が奪ったもの
 命 仕事 団欒 町並み 思い出

   ……たった一秒先が予知できない人間の限界……

震災が残してくれたもの
 やさしさ 思いやり 絆 仲間

    (阪神淡路大震災 「1・17希望の灯り」碑文より)
■ 2012年5月11日

本日(5月11日)は東日本大震災が
起きてから14ヶ月目
午後2時46分  祈りを捧げます

2011年3月11日
巨大地震と大津波に多くの尊い生命が失われ
あまたの人たちが被災しました
強大な防潮堤は壊滅し
多くの街並みも消滅しました
原発事故も甚大な被害を及ぼしています

亡くなられた方々の御霊の安らかでありますように
被災された方々が健康で復興できますように
原発事故が速やかに収まりますように
震災で問われた文明社会のあり方や
私たちの生き方を改め
明るく夢のある未来を拓くことができますように
■ 2012年4月24日

人間は助け合って生きるもの。
分かち合えば、
 悲しみは 半減し、
 喜びは 倍増する。
■ 2012年4月19日

   4月21日(日)午前11時
天地金乃神大祭  教話「起こることみなよし」教会長・田中元雄師

どなたもご自由にご参拝下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天地日月の心になること肝要なり。(金光大神のことば)
■ 2012年4月1日

腹を立てれば
心の鏡がくもり
体はこわばり
血の巡りがわるくなり
体の調子がわるくなる。
和らぎ喜ぶこころで
なにごとも調子よくととのう。
■ 2012年3月21日

老化現象と嘆かずに
心ひとつで
「朗・華・元・笑」
■ 2012年2月24日

2011年3月11日
巨大地震と大津波に多くの尊い命が失われ
数多(あまた)の人たちが被災しました
強大な防潮堤は壊滅し
多くの町並みも消滅しました
原発を始め人の力で造り上げたものが
大自然の力の前にもろくも崩れ去りました

いま私たちは心新たに祈ります
亡くなられた方々の御霊(みたま)のお道立てと
被災された方々の健康と復興を
原発事故が速やかに収まりますように
便利で快適な生活ばかりを追求するあり方を見直し
天地の道理に基づく生き方を改めて求め
人が人を助けるのが人間とのみ教えのままに
神を世に現していくことができますように
■ 2012年2月24日

2011年3月11日
巨大地震と大津波に多くの尊い命が失われ
数多(あまた)の人たちが被災しました
強大な防潮堤は壊滅し
多くの町並みも消滅しました
原発を始め人の力で造り上げたものが
大自然の力の前にもろくも崩れ去りました

いま私たちは心新たに祈ります
亡くなられた方々の御霊(みたま)のお道立てと
被災された方々の健康と復興を
原発事故が速やかに収まりますように
便利で快適な生活ばかりを追求するあり方を見直し
天地の道理に基づく生き方を改めて求め
人が人を助けるのが人間とのみ教えのままに
神を世に現していくことができますように
■ 2012年1月31日

震災から見えてきたもの

大震災で被災した人たちは語っていました。
「もう何も要らないと思った。いのちと仲間と平凡な日々さえあれば」と。
「被災前の、あのふつうの生活は、今思えば、夢のような暮らしだった」と。
■ 2012年1月11日

つらい事があったとしても、
己れを磨く修行と心得よ。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]


表示件数:
(現在200件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club