サイトマップ ヘルプ メール
ホームへ戻る
ようこそ モロの部屋 活動 こよみ ひろば リンク
モロの部屋
モロ先生からのメッセージや行事の様子などなど、随時更新して行きます。
お楽しみください。
アルバム
道行く人へのメッセージ

講演録
南風に吹かれて


金光教は、すべての人が助かってほしいという天地の神の頼みを受けて教祖・金光大神が幕末の1859年に取次を始めたことから起こりました。
その教えは、人間は天地のはたらき(神の恵み)の中に生かされて生きており、その道理に合った生き方をするところから、幸せな生活と平和な世界を築くことができる、と説いています。
世界の平和とすべての人の幸福、一人ひとりの人生の成就を願って、この教会はすべての人に門戸を開いています。いつでも自由にお入りください。
道行く人へのメッセージ


Page: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]
■ 2013年1月30日

順風満帆はうれしい。
うんとエンジョイしたらいい。
しかし、人生は山あり、谷あり。
思い通りにならぬとき、
そこから人生の
新しいページが開かれる。
■ 2013年1月1日

謹賀新年

神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、
このほかには何もないのであるから、
人の身の上にけっして無駄事はなされない。
信心しているがよい。
みな末のおかげになる。 (金光大神の教え)
■ 2012年11月24日

腹が立ちそうになったら
あなたの心は風邪ぎみです
そんなときは
心を休めてくださいね
腹を立ててはいけません
心がほんとの風邪をひき
人にうつしてしまいます
お大事に
■ 2012年11月1日

悪いことを言って待つなよ。
先を楽しめ。
      (金光教祖の教え)
■ 2012年10月24日

良いものを見
良いことを聞く
  それができれば
あるもの みな美しく
起こること みな良し
■ 2012年7月10日

明日塩辛を食べるからといって、
今日から水を飲んで待つわけにもいくまい。
取り越し苦労をするな。

(金光大神の教え)
■ 2012年6月27日

心と体は結びついている。
だが、
体が病んで、心もしぼむのではなく、
体が病んでも、心が元気で、
シャンとしている、
そんな結びつき方がいい。
■ 2012年5月31日

震災が奪ったもの
 命 仕事 団欒 町並み 思い出

   ……たった一秒先が予知できない人間の限界……

震災が残してくれたもの
 やさしさ 思いやり 絆 仲間

    (阪神淡路大震災 「1・17希望の灯り」碑文より)
■ 2012年5月11日

本日(5月11日)は東日本大震災が
起きてから14ヶ月目
午後2時46分  祈りを捧げます

2011年3月11日
巨大地震と大津波に多くの尊い生命が失われ
あまたの人たちが被災しました
強大な防潮堤は壊滅し
多くの街並みも消滅しました
原発事故も甚大な被害を及ぼしています

亡くなられた方々の御霊の安らかでありますように
被災された方々が健康で復興できますように
原発事故が速やかに収まりますように
震災で問われた文明社会のあり方や
私たちの生き方を改め
明るく夢のある未来を拓くことができますように
■ 2012年4月24日

人間は助け合って生きるもの。
分かち合えば、
 悲しみは 半減し、
 喜びは 倍増する。
Page:[0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]


表示件数:
(現在200件中/10件/Pageで表示をしています。)




ゆいりんく(Free)
EDIT By CJ Club